忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254

死者は黄泉が得る (講談社文庫)死者は黄泉が得る/西澤 保彦

C

 

 

 どんどんつながっていく伏線は近作にない満足感。

ただ、SF要素とミステリー要素の関係の弱さやストーリーに何の影響も与えないどんでん返し等、これ以前の作品に比べて一歩劣る。

あと、『七回死んだ男』について以前“この話のラストが美しいのは真相解明であると同時に愛の告白でもあるから”という意見を聞いたが、本作ラストのアレも同じ趣向だったのではないか。

つまり、サプライズより物語面での着地の良さが狙いだったのだと思う。あまりにも不可解かつ解釈困難な謎を残したがため裏目に出たが。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]