忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278

走らなあかん、夜明けまで (講談社文庫) 走らなあかん、夜明けまで/大沢 在昌

C

 

 

 どうにも印象が薄い本。

読んでいる間は退屈させないのだが、おもしろさの最大値があまり高くなく、読み終えた後の満足感もそこそこ。

読みやすい文章で小難しい部分もなく進むが、伏線や凝った展開もなく、その場限りの楽しさといった感じ。

ところで、解説(茶木 則雄)で「~かのウィリアム・アイリッシュの名作を想起しない読者は、ミステリーファンならおそらくいないはずだ。」とあるが、作品というのは増える事はあっても減る事はないのだから、こういう事を言うのは不毛な気がする。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]