忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)どんどん橋、落ちた/絢辻 行人 <再読>

B

 

 

 初めて読んだ時は素直に驚いたが、改めて読むと見事なまでのバカミス。

だが、それでも『ぼうぼう森、燃えた』の秀逸さは色あせない。1話目でやられて地団太を踏んでいる読者の足下にビー玉を転がすような憎たらしさ。

ただ、全編通して内輪ネタの気があり、U君の正体が過去の作者などわかりっこない。本来なら解説がその辺りをフォローしてくれるのだが、残念ながら本書解説はその用を為していない。

しかし、『名探偵の掟』といい、この手の悩みは推理作家共通なのか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]