忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318

凶鳥の如き忌むもの (ミステリー・リーグ)凶鳥の如き忌むもの/三津田 信三 <単行本>

D

 

 

前作『厭魅の如き憑くもの』はホラーとして楽しんだが、今作はまったく怖くない。事象をロジカルに捉えて進むうえ、怖がらせようという意思そのものを感じなかった。

 また前作では雰囲気作りに一役買っていた土着信仰描写も蛇足感が強まる。

 おまけにトリックには無理がある。チベットの例を出していたけどあれは解体してあの時間なのであって、そのままの場合完遂できるかどうかすら怪しい。

 あと、やはり地形図は欲しいところ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]