忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332

法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫)法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー/アンソロジー

A

 

 

 選者のセンスが伺えるハイレベルなアンソロジー。

『誰がベイカーを殺したか?』は短編ならではのネタで、驚きと当たるわけないだろうという脱力感の混じりあった感覚は『どんどん橋、落ちた』に近い。

『脱出経路』は長編からおもしろい部分だけ抜き出したかのような出来で、監禁された者の手記という他の作品にはない魅力があった。

 この本を知るきっかけとなった『ひとりじゃ死ねない』はいかにも『消失!』の作者といった感じ。驚きは一歩足りないが脱力面では劣らず。

話のバリエーションが豊かゆえ必然誰が読んでも楽しめる話とそうでない話が出るのが難か。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]