忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352

脳男 (講談社文庫)脳男/首藤 瓜於

D

 

 

 たっぷりページを使って行われた調査が鈴木のキャラ付けにしかなっておらず、事件解決にほとんど役立っていないのは痛い。

 誰が、なぜ、どうやって、ミステリーとしての要素がどれも今一つで、読後に残ったのはわかるわけないだろうという脱力感だけだった。

 読み物としても調査ばかりでおもしろい話とは言えず、終盤の爆弾解体も鈴木が超人すぎて緊張感がない。スーパーマンが銃をつきつけられたところで緊張する受け手はいない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]