忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413
黒い家 (角川ホラー文庫)黒い家/貴志 祐介

C




終盤の敵との対決が怖くないというのはホラー映画などによくあることだが、本作もその法則から逃れるには至らず主人公の自宅襲撃あたりから恐怖心が急速にしぼんでしまう。主人公が追いつめられていく描写に夢が何度も出てくるのもワンパターンに感じた。
菰田重徳が入院する辺りは鳥肌物なのだが、その部分で急上昇するだけで作品全体として怖いとはあまり感じなかった。
ラストの男が菰田より荒木(パジャマ男)や角藤(三善のかませ犬)に近い存在に見えるのも×。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]