忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415
倒錯のロンド (講談社文庫)倒錯のロンド/折原 一

C




叙述物であるとわかっていても見破らせないのはさすが。
しかし、その予想外というのは読者の想像を超えているのではなく短に事件を込み入らせているだけでカタルシスは弱め。
また本作はご都合主義の感が強く、精神病だからで大部分の不都合を処理したのはいただけなかった。
サスペンス性のある途中経過はおもしろかっただけに残念。
あと解説(結城 信孝)、叙述トリックがあると書いてネタバレにならないのは折原さんだけだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]