忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ナイルに死す/アガサ・クリスティー(加島 祥造)

C

 

 

 旅行記とそれに伴う人間関係が長々と書かれるが、核の部分は普通のミステリー。悪くはないが、特筆するような点もない。

長い旅行記というと『空飛ぶ馬』を思い出すが、こちらは人物にクセがあるせいかそう苦にならなかった。

ついでに言えば、そのおかげで多目の人物も覚えやすい。

あと、読んでいてなんとなく思った事だが、作者は色々な人物の思惑が重なって事件を複雑にしているという手法が好きな気がする(それとも古典推理小説全般がそうういうものなのか)。『オリエント急行の殺人』は彼女が書いたからこその傑作なのかもしれない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]