忍者ブログ
趣味で書いているレビューをネットに転載
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
以蔵の青春 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)以蔵の青春(1~9)/真里 まさとし

C




どの青年誌にも1つは載っていそうなエロコメディー。
男性の本能に訴える内容であるため退屈こそしなかったが作品としてはかなり低質。人物の表情は崩れぎみで絵はきれいとは言えず、ギャグもシリアスもさえないストーリーにおいてやたらと増える人物の多くが個性を発揮することなく退場していく(そして無意味に再登場する)様は使い捨てとすら呼びがたい。
あと主人公の剣道に対する姿勢は「立派な立ちあい」(1巻P229)とはとても言えないと思う。

拍手[0回]

PR
88の夏休み―深緑と栞 (角川コミックス・エース)88の夏休み(雫と風音・深緑と栞)/森見 明日

D




思わせぶりな会話が多いわりに毎回どうでもいいやりとりで話が終わり、先が気になるより話が核心に近づかずイライラ。どちらも主要な2人の交流を中心に据えたいのはわかるが、あまり恋愛の過程が描かれているようには見えなかった。
また、2誌同時進行というのも苦しかったのかところどころ絵が崩れている。
あと、都市伝説を扱いたいなら自作じゃなくて出回っているものを使わないと無意味では。

拍手[0回]

犬はどこだ (創元推理文庫)犬はどこだ/米澤 穂信

C




米澤さん成長したなあ。『氷菓』より謎解きも話も格段に良くなっている。特にストーリーはどこかゆるい雰囲気があっただけに衝撃的な結末だった。
チャットでの推理も『麦酒の家の冒険
のディスカッションをさらに端的にした形で良い。
ただ、単発作品にしてはキャラが凝りすぎではないだろうか。それがおもしろさにつながっているのだがやはりもう少しシンプルでもよかったと思う。
あと、「知識が認識を変える」(P247)というのは何度も経験しているのに概念として意識したことはなかった。

拍手[0回]

O・ヘンリ短編集 (1) (新潮文庫)O・ヘンリ短編集/O・ヘンリ(大久保 康雄)

B




変わった設定を使わず、街角のドラマでここまでいろいろな話を書いたことを評価。
人物や情景の描写・語り口がしっかりしているのでオチは弱いものの楽しめる。
ご都合主義な部分ですらこんなすてきな偶然があってもいいじゃないかという気分にさせてくれる。
ただ『多忙な仲買人のロマンス』のオチだけはさすがに無理があるし、あまりおもしろいとも思えなかった。

拍手[0回]

ユリア100式 1 (ジェッツコミックス)ユリア100式(1~12)/萩尾 ノブト/原田 重光

B




下ネタ一辺倒かと思ったら意外と正統派のギャグマンガだった。
確かに下ネタ兼サービスシーンは満載なのだが、笑いどころはユリアの非常識さとプロレス技を使ったツッコミでオーソドックスなもの。どれもセンス良くできており、加点法で見ればかなり万人受けする作品だと思う。
ただ、キャラを増やしていくたびに失速するというギャグマンガ定番の欠点までフォローする必要はなかったのでは。105式まではおもしろかったが、あとは要らなかったと思う。

拍手[0回]

70億の針 1<70億の針> (コミックフラッパー)70億の針(1~4)/多田乃 伸明

C




娯楽性よりメッセージを重視し、序盤の設定やキャラ付けはおもしろいのに終盤はなんだかよくわからないドロドロ相手に立ち向かうという最近のジブリ映画のような作品。
本筋を見ても高位の存在がうじゃうじゃやってるのに人間が巻き込まれる形で盛り上がりに欠け、人間ドラマとしてもどう変わるのかというキモがSFまかせになっていておもしろくない。

拍手[1回]

百花繚乱 戦国乙女 (1) 榛名伝承編百花繚乱 戦国乙女 榛名伝承編(1~3)/しなのゆら/白組

C




元々が利害関係にある戦国武将の話にオリジナルキャラで悪役を入れたのは失敗だろう。
人物同士が敵対・協力する理由付けが全体的にいい加減で、そのわりに行動原理を描くのに割かれるページが少なくない。
戦いも負傷の描写がほとんどないので攻撃が当たったのかすらわかりづらい。
アニメ版はシリアス部分を甲冑争奪戦に絞っていたのだが、本作はあれこれと手を出して失敗してしまった。
あと戦だから人が死ぬってのはいらなかったなあ。犠牲出して入手した勾玉の使い道がわかりませんはギャグにならない。

拍手[0回]

Go West!(1~4)/矢上 裕

C






期待を持たせてくれた冒頭に比べて終盤があまりにもおそまつ。
特にミンゴとガンマンに関する結末はやっつけにもほどがある。
そこまではシリアス部分とギャグのあんばいがちょうど良く、読んでいてそれなりに楽しめる。このそれなりというのがくせもので『ヒツカツ!』の時にも思ったのだが、どちらかなり両方なりをもう一歩進化させないと、いつまで経ってもそれなりにおもしろいけど打ち切りという展開から逃れられないのではないだろうか。

拍手[0回]

目撃者ご一報下さい (集英社文庫)目撃者ご一報下さい/山村 美紗

E




人が死んだのに「胸がわくわくして」(P118)くる麻知子や友人が死んだのに観光旅行を楽しむ『椅子とりゲーム』の面々と人格破綻者ばかり。
推理部分は一読するだけで穴が見つかる話も多く、『尼僧殺人事件』はみどりが危機を感じていても実際それが起きた証明にはならないし、表題作のあのトリックで犯人が被害者の死を確認せずに立ち去るのはありえないだろう。『虹への失踪』なんてトリックと呼ぶのかこれ。
すべてが低品質のあまりにも酷い1冊。

拍手[0回]

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身/東野 圭吾

C




トリック自体は古典の応用なのだが、ミスリードがうまい。
しかし人物の行動には疑問の残る部分があり、石神が靖子につくす理由が結局ルックス(正確に言うとそうではないかとかろうじて伺える程度の描写)だけなのは残念。
また、靖子は石神の出所を外で待ち続けるという選択肢はとれなかったのだろうか。
以上の2点がどうにも気になってしまい、ラストもイマイチ楽しめなかった。

拍手[0回]

笑うな (新潮文庫)笑うな/筒井 康隆

D




解説(横田順彌)のありがたいお言葉によれば楽しめない側に問題があるそうなので、問題のある人間の愚痴として書く。
予想外というより突拍子もないオチが目立ち驚いたり笑ったりするよりとまどうことの方が多かった。
『客』などなにがおもしろいのかさっぱりわからなかった。
時間移動してきた日蓮が総花学会(そうかがっかい)の会合に参加する『来世法華経』なんかはなかなかおもしろかったのだが、これは自分が物語に求めているおもしろさなのかと考えると少し疑問が残る。

拍手[0回]

予知夢 (文春文庫)予知夢/東野 圭吾

C




前作から上手に進化させた。トリックに科学を用いるのはそのままにミステリーとしての焦点を別の位置に置くことでエンターテイメントとして成立させている。
ただ、それで楽しむには少々ひねりがたりず、どこかで見たような話とどこかで見たような事件の顛末という感じは否めない。
オリジナリティの部分が読者を求心しないのはやはり痛いか。
不可思議現象もオカルトとして型にはまったものばかり。

拍手[0回]

究極超人あ~る (1) (小学館文庫)究極超人あ~る(1~5)/ゆうき まさみ <文庫>

D




賞味期限切れ。
パロディがどっさりと仕込まれているが、今の世代の人間が理解できるものはごくわずか。
ギャグもいまいち笑えなかった。ナンセンスなのは承知で言うが、登場人物の大半が自分より常識のある人間にはふざけた対応をして逆の場合には常識的にふるまうという行動原理に弱い者いじめ的な構図を感じてしまう。無論、評価には含めていないが。
あとまのちゃん(2巻P292)って誰だったんだ。答えは巻末ページでと書いてあるけど見当たらないし。

拍手[0回]

魔法少女猫X (1) (角川コミックスドラゴンJr.)魔法少女猫×(1~2)/おりもと みまな

D




動物に対する恋愛感情というアブノーマルなテーマを擬人化で感情移入しやすくしたのは良かった。
が、それを掘り下げることもなくエロ絵を描くだけで終わってしまった。ハードなツッコミやパロディを中心としたギャグは笑えず、ストーリーもそれらしい伏線をばらまいたのみ。
あと、こういうギャグをやりたいなら毛が擦り切れるとか鼻血が出るといった被害の生々しい描写はやめた方がいいと思う。
エアガンを生き物に向けているのも不快。風当たりの強い物なんだから安易にこういう描写をしないで欲しい。

拍手[0回]

光: 1 (ZERO-SUMコミックス)光(1~4)/凛野 ミキ

C




登場人物の9割が気持ち悪いという壮絶さ。
ただ、負の面1カ所だけを強調した描写には人間味がなく、画力のせいなのかわざとやっているのかギャグにしか見えない場面も。ホラーとして見ると物足りないと言わざるを得ず、ただただ悪趣味な作品にしかできていない。
ラストは戦いの末に生き残った2人(といっても阿高はなにもしてにいないだろうが)が時間を止めたままにしているという解釈でいいのだろうか。
あと1巻P110で秋子の家の階段にいるの誰?
3巻カラーページのゴキブリは慣れててもきつい。

拍手[0回]

ブログ内検索
プロフィール
HN:
三枝
性別:
非公開
趣味:
読書・映画・ゲーム
自己紹介:
S
稀に見る傑作。

A
おもしろい。

B
まあまあ。

C
標準ランク。人によってはB。

D
微妙。

E
読むのが苦痛なレベル。

F
つまらないを越えた何か。

×
エックスではなくバツ。よほどアレでない限り使わない。
最新CM
[04/03 未入力]
[05/04  ]
最新記事
カウンター
P R
忍者ブログ [PR]